クスノキとヤブニッケイ

クスノキとヤブニッケイ

クスノキとヤブニッケイの葉の違い
葉柄も太さ長さに差がある

クスノキ葉裏
クスノキの葉の裏
茶色っぽい所がダニの部屋

クスノキとヤブニッケイ2

クスノキとヤブニッケイ
葉の付け根辺りでは 区別が付かない
葉柄はヤブニッケイがやや太く クスノキは細くしなやかなので
区別が付く
何と言っても精査すると クスノキには虫の部屋があるので
分かり易い(葉脈の分かれ目に多い)
ヤブニッケイにも葉脈上にニッケイハミャクイボフシなどが見られ
混同することも有るが、ダニ部屋は有力な区別点になる


クスノキとヤブニッケイ1

上がヤブニッケイ 下がクスノキ (葉の表)
ヤブニッケイは少し肉厚でガッシリしている
側脈は緩いカーブ
クスノキは少し肉薄で軟らかい
側脈は大きくカーブし枝分かれした側脈が多い


クスノキとヤブニッケイ

上がクスノキ
下がヤブニッケイの葉裏
クスノキは葉縁が波打つ(ソヨゴに似る)
ただ、個体次第で ヤブニッケイと同じくらいに大きな葉のクスノキでは
ヤブニッケイかと思しき葉を持つモノも有る
葉脈のカーブやダニ部屋は良い指標になる
(個人的な感覚ですが)


クスノキの果実、種子

クスノキの果実は真球形になるが、ヤブニッケイはやや細長くなる
いびつな形や茄子形、などはヤブニッケイのことが多い

これらのラッパ形の果柄の形は 何故か好き・・・・ (^_^);
「果実を支えています」といった形だからだと思うが
これも個人の感想

(薬の通販の常套句みたいになってしまった (v_v) )
「これらの記事は全て個人の感想です 大汗(-_-);  」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ダニ室


クスノキのダニ部屋


クスノキのダニ部屋(室)を切ってみた
何かがいるようにも思えるが ピントが合わなくて よく分からない
(ナショジオ2012.8によると)
フシダニの仲間は2億年も前の琥珀に同型が見られ、クスノキが誕生
してからこのフシダニと同居し始めた理由は分からないとか~

庭の鉢植えのクスノキの葉はとても小さいのだが、ダニ室が見つかる
今度顕微鏡で覗いてみたい・・・
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

半分にした葉を合わせて面白いなぁと興味深く読ませていただきました!
三本の葉脈がよく似ていますね。
クスノキは小さい木でもダニ室があるのですね。
クスノキの果柄は大好きです(^^)

マユハケオモトは成長がゆっくりですね。

No title

かぜくささん こんにちは

近くの公園で クスノキとヤブニッケイが混在するところが有るのですが、葉っぱがそっくりで一瞬 区別に戸惑います。
自分の覚えにしようと 並べてみましたが 間違いがあるかも・・・・
「ニッケイハミャクイボフシ」の件(くだり)は ”かぜくさブログ”さんを参考にさせて頂きました。  m(._.)m

マユハケオモトは成長が止まったのかと思うくらい・・・・いまのところ遅いです。
(^.^)
あたらしい記事
直近のコメント
miniアルバム
カテゴリ
リンク
おまがえる の庭で(月別保存)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ(ブログ内検索)
記事検索タグ

アオスジアゲハ スズメノヤリ アゲハ アクリル画  コメツブツメクサ コノテガシワの受粉滴 ツノマタタケ アクリル ヤガタアリグモ ハルニレ ヒヨドリ リョウメンシダ 垂蛹 帯糸 蝉蛻至楽 貝殻 ヒメマツバボタン ハネナガイナゴ 帶蛹 コナラ センニンソウ カシワクチブトゾウムシ クジャクサボテン メダカ シュンラン ボンネットバス アロニア モミジバフウ 石膏人形 アオオビハエトリ カギバアオシャク クサキリ 台湾の蝶 あまがえる 水彩画 多肉植物 ヤゴ 冬芽 ヒシバッタ キクザキイチゲ キタテハ ペンギン クロトガリキジラミ ノアザミ タチヒダゴケ コオイムシ ボッチ セッコウ スズメ タンポポ 黒いアマガエル ホオズキ アキカラマツ クスノキ リュウキュウアサギマダラ マムシグサ プラナリア 雲南百薬 デュランタ アナカリスの花 アメリカピンクノメイガ タイワンタケクマバチ アピオス カワカゲロウ のと里山海道 ジョウビタキ 水滴 玉ネギ カニノツメ 椎の実 オオバジャノヒゲ ウスグモスズ 大雪 コナラシギゾウムシ オレクギエダシャク キジバト オオアトボシアオゴミムシ オスグロハエトリの雌 ヘリグロテントウノミハムシ サカマキガイ キンキマメザクラ コバンソウ