コメツブツメクサ     コクサギとダイダイ

シラーカンパニュラータ1

シラーカンパニュラータ

シラーカンパニュラータ2

シラーカンパニュラータ

タラの木

タラノキ
ホームセンターで トゲなしタラの木の苗を売っていた

トゲ無しタラノキ

名札をよく見たら 何だか妙な標記も (^^)

ヘビイチゴとミツバツチグリ
ヘビイチゴとミツバツチグリ


コメツブツメクサ

今日は畑仕事
畑の際まで繁茂する コメツブツメクサ
恐ろしい勢いで増え続け、地主さんは草刈り機で悪戦苦闘
当方も草抜きをしたが 手強い相手だ
ダイダイとコクサギ0

ダイダイの鉢植にアゲハが産卵を始めた
ところが 昨年の幼虫の食害で90%は坊主の枝。[写真]
枝には新葉が芽吹き状態で僅かしか観られず、ほとんど葉が無い (;_;)
これで卵が孵って葉を食べ始めたら この木は枯れてしまいそう~


アゲハの卵

卵の多くは枝に産み付けられている。
写真はなけなしの若葉に産み付けられたもの
(本来は新葉に産み付ける事が多い)



ダイダイとコクサギ1

頂き物コクサギのタネから、発芽二年目の鉢が二つ
アゲハ系の食草になってくればという想いは募れど、ココへの産卵はナシ
昨年ダイダイの幼虫を強引にコクサギに移し替えたが 居なくなってしまった(^_^);

一計を案じて ダイダイを隠すように コクサギの鉢を二つ置くことにした
その一つをダイダイの側へ・・・
(左の大きな木)

ダイダイとコクサギ2

二個目のコクサギの鉢も ダイダイの鉢を覆うように置いてみた
この先 産卵に来るアゲハが コクサギに産んでくれれば良いのだが
やはりミカン系が良いか?

ーーーーー
ナミアゲハはコクサギを食さないという報告もあるが
コクサギで飼育という報告も多くある
カラスアゲハはコクサギも好物だそうだが、カラスアゲハを庭で見かけたのは
2回しか無い
以前、カラスザンショウの鉢も かなり大きな木になったが
いつの間にか枯らしてしまって 今は無い
アゲハ類の来訪に備えて 「なんでこんな苦労を (;_;)」と自問自答
ーーーーー
スポンサーサイト



tag : コメツブツメクサ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

あたらしい記事
直近のコメント
miniアルバム
カテゴリ
リンク
おまがえる の庭で(月別保存)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ(ブログ内検索)
記事検索タグ

アオスジアゲハ スズメノヤリ アゲハ アクリル画  コメツブツメクサ コノテガシワの受粉滴 ツノマタタケ アクリル ヤガタアリグモ ハルニレ ヒヨドリ リョウメンシダ 垂蛹 帯糸 蝉蛻至楽 貝殻 ヒメマツバボタン ハネナガイナゴ 帶蛹 コナラ センニンソウ カシワクチブトゾウムシ クジャクサボテン メダカ シュンラン ボンネットバス アロニア モミジバフウ 石膏人形 アオオビハエトリ カギバアオシャク クサキリ 台湾の蝶 あまがえる 水彩画 多肉植物 ヤゴ 冬芽 ヒシバッタ キクザキイチゲ キタテハ ペンギン クロトガリキジラミ ノアザミ タチヒダゴケ コオイムシ ボッチ セッコウ スズメ タンポポ 黒いアマガエル ホオズキ アキカラマツ クスノキ リュウキュウアサギマダラ マムシグサ プラナリア 雲南百薬 デュランタ アナカリスの花 アメリカピンクノメイガ タイワンタケクマバチ アピオス カワカゲロウ のと里山海道 ジョウビタキ 水滴 玉ネギ カニノツメ 椎の実 オオバジャノヒゲ ウスグモスズ 大雪 コナラシギゾウムシ オレクギエダシャク キジバト オオアトボシアオゴミムシ オスグロハエトリの雌 ヘリグロテントウノミハムシ サカマキガイ キンキマメザクラ コバンソウ