キタキチョウの蛹化始まる

当ブログの9月7日に掲示のキタキチョウの産卵から ほぼ10日。
幼虫時期を経て 蛹になり始めた。

キチョウ2

キチョウの幼虫がメドハギの随所に蛹化し始めた。
帯糸を掛けた幼虫が見つかった。

キチョウ33

蛹になる際、帯蛹(pupa contigua)状態が通常だと思っていたが〜 ↑

キチョウ3

垂蛹(pupa suspensa)(蛹のお尻だけを草木にくっつけて、ぶら下がる状態)かと思う状態のモノ↑も有る。
写真を拡大して観察すると、うっすらではあるが帯糸が有った。

キチョウ1

蛹の内部が黄色くなってくると 羽化準備に入っていると思われる。
スポンサーサイト



tag : 帶蛹帯糸垂蛹

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

あたらしい記事
直近のコメント
miniアルバム
カテゴリ
リンク
おまがえる の庭で(月別保存)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ(ブログ内検索)
記事検索タグ

アオスジアゲハ スズメノヤリ アゲハ アクリル画  コメツブツメクサ コノテガシワの受粉滴 ツノマタタケ アクリル ヤガタアリグモ ハルニレ ヒヨドリ リョウメンシダ 垂蛹 帯糸 蝉蛻至楽 貝殻 ヒメマツバボタン ハネナガイナゴ 帶蛹 コナラ センニンソウ カシワクチブトゾウムシ クジャクサボテン メダカ シュンラン ボンネットバス アロニア モミジバフウ 石膏人形 アオオビハエトリ カギバアオシャク クサキリ 台湾の蝶 あまがえる 水彩画 多肉植物 ヤゴ 冬芽 ヒシバッタ キクザキイチゲ キタテハ ペンギン クロトガリキジラミ ノアザミ タチヒダゴケ コオイムシ ボッチ セッコウ スズメ タンポポ 黒いアマガエル ホオズキ アキカラマツ クスノキ リュウキュウアサギマダラ マムシグサ プラナリア 雲南百薬 デュランタ アナカリスの花 アメリカピンクノメイガ タイワンタケクマバチ アピオス カワカゲロウ のと里山海道 ジョウビタキ 水滴 玉ネギ カニノツメ 椎の実 オオバジャノヒゲ ウスグモスズ 大雪 コナラシギゾウムシ オレクギエダシャク キジバト オオアトボシアオゴミムシ オスグロハエトリの雌 ヘリグロテントウノミハムシ サカマキガイ キンキマメザクラ コバンソウ