少し暖かい一日

ヒヨドリと柿
最後に残した柿に野鳥が来ているのは 分かっていたが、今日はヒヨドリが食べているのを見てしまった。
柿もそろそろ 落っこちそう。
(動画から静止画をクリップしたので 不鮮明です m(_ _)m  )

野鳥の糞から

良い色の葉っぱが目についたので 名札を見たら「野鳥の糞タネ」と有った。
いちごの系統のように見えるが・・・
はてさて どんな実がなるのやら。



ジャノヒゲの種子1
ジャノヒゲの仲間に 種子が沢山ついている。
冬の野鳥の餌になれば良いのだが〜


ジャノヒゲの種子
緑やブルーで きれいな色。


オモトの実
先日アップしたオモトの実だが 覆輪葉のオモトに1っ個だけ実が付いていた。
タネを植えれば斑入りのオモトが出てくるのかと、ネットで検索したが、必ずしも斑入りにはならないそう。
なにせ媒介は ナメクジやカタツムリが主役らしく、なかなか実が付かないこともあるそう。
右側の普通種(?)のオモトはしっかり実が着いている。

オモトの苗
それより 株分けの方が間違いなく斑入りも増やせそう。(^^)








以下 閲覧注意  ↓

ジョロウグモ

ジョロウグモが網を張っていた場所で、シラカシの葉の裏に越冬中だろうか〜成虫がぶら下がっていた。

アマガエル

庭仕事の最中、プランタの底下にアマガエルが・・・
コチラも越冬中だったようで動きが鈍かった。
その上を見上げたら モズのハヤニエ (@@;)

 ↓こんなふうにならなくてよかったね。
       来春まで 安全な場所で休んで 元気で出てきてね〜


モズのはやにえ
 目を覆いたくなる アマガエルの屍体
 大体地面から150センチくらいのところが多く、庭仕事でしゃがんでいて、腰を伸ばすときに
突然目の前に見えることが多い。 人間泣かせのモズのハヤニエ。


庭木にハヤニエがいくつか見つかったが、モズはまだ庭では見かけていない。
近所のテレビのアンテナで 縄張り宣言をしているのは観ることがある。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ハヤニエのカエルさん、かわいそうに!

かぜくささん
 (T-T)

 モズはどうして(上手に?)獲物を捕るのでしょうかね。
 干物造りの技法も 凄いですし・・・
 不思議一杯
あたらしい記事
直近のコメント
miniアルバム
カテゴリ
リンク
おまがえる の庭で(月別保存)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ(ブログ内検索)
記事検索タグ

アオスジアゲハ スズメノヤリ アゲハ アクリル画  コメツブツメクサ コノテガシワの受粉滴 ツノマタタケ アクリル ヤガタアリグモ ハルニレ ヒヨドリ リョウメンシダ 垂蛹 帯糸 蝉蛻至楽 貝殻 ヒメマツバボタン ハネナガイナゴ 帶蛹 コナラ センニンソウ カシワクチブトゾウムシ クジャクサボテン メダカ シュンラン ボンネットバス アロニア モミジバフウ 石膏人形 アオオビハエトリ カギバアオシャク クサキリ 台湾の蝶 あまがえる 水彩画 多肉植物 ヤゴ 冬芽 ヒシバッタ キクザキイチゲ キタテハ ペンギン クロトガリキジラミ ノアザミ タチヒダゴケ コオイムシ ボッチ セッコウ スズメ タンポポ 黒いアマガエル ホオズキ アキカラマツ クスノキ リュウキュウアサギマダラ マムシグサ プラナリア 雲南百薬 デュランタ アナカリスの花 アメリカピンクノメイガ タイワンタケクマバチ アピオス カワカゲロウ のと里山海道 ジョウビタキ 水滴 玉ネギ カニノツメ 椎の実 オオバジャノヒゲ ウスグモスズ 大雪 コナラシギゾウムシ オレクギエダシャク キジバト オオアトボシアオゴミムシ オスグロハエトリの雌 ヘリグロテントウノミハムシ サカマキガイ キンキマメザクラ コバンソウ