モミジバフウの翼果

モミジバフウ
モミジバフウの実を揺さぶると、中から沢山の「つぶつぶ」がこぼれ落ちる。
かなりの量だ。

モミジバフウの翼果と間質物質
長いのは風に舞う翼果で中に種子があると想像。
その周りにあるのは何?
^^;

モミジバフウの翼果

おのおの バラバラな形状だ。

モミジバフウの翼果2

翼果は風に舞うデザインかと思う。

モミジバフウ翼果1

「つぶつぶ」は 翼果と器(トゲトゲの実)の空間を埋めていたものだと思われる。
写真の中に(自分的には)貴重なものが映っているようだ〜
つぶつぶ(間質物)の一部が 翼果(種子)の羽根部分にくっついて表面は滑らかだ。
実はこのうろこ状のものを観ようと、触れた途端にサラリとはがれてしまった。

想像だが「この羽根に着いている部分」が複雑な球果の中から、種子を出すために役立っているのではないかと思う。
滑り出すために、ひっかかりやすい翼果の表面を覆って滑らかにしている。
この形が球果が乾燥して穴が空いた時に 沢山の間質物と一緒に翼果を滑り出させるのに
一役かっていないか〜

ネットでは「先に間質物が出て 翼果を出やすくする」と記されたものも多い。

球果の出口は上下左右、まさにあらゆる方向に向いて開いているのだ。
翼果が中で引っかかって出られなくなることが無いよう、羽根周りに着いていて種子と一緒に飛び出す部分が、
先の写真の丸印かと思われる。
不規則な形に見えた間質物質の役目が少し分かった気がした。
以上は全くの想像ですので、真意は間違っているかもしれません。
引用などされませんように(^^)?
以前 若い落下した果実を切ろうと思ったが、固かった(/_;)
回転砥石で削り出すと下記の様になる。

参考:棘を取った内部で、基本フラーレン型に収まっているという。ややこしい(泣)
モミジバフウ14

続編は ココ
ノゲシ

温かい冬の所為かノゲシに蕾が出来た。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

しっとりつややかな魅力的な種子の写真ですね。
種子がするりと零れ落ちたらすぐに剥がれて役目を終える粒粒。
Omagaeruさんの考察が素晴らしい(゚o゚)!

かぜくささん


蝋を塗ったようなツヤツヤの種子ですね。
独特な形の球果はどうしても 拾ってしまいます・・・🎵

独善的なつぶやきを見て頂いてアリガトウございます^^;
あたらしい記事
直近のコメント
miniアルバム
カテゴリ
リンク
おまがえる の庭で(月別保存)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ(ブログ内検索)
記事検索タグ

アオスジアゲハ スズメノヤリ アゲハ アクリル画  コメツブツメクサ コノテガシワの受粉滴 ツノマタタケ アクリル ヤガタアリグモ ハルニレ ヒヨドリ リョウメンシダ 垂蛹 帯糸 蝉蛻至楽 貝殻 ヒメマツバボタン ハネナガイナゴ 帶蛹 コナラ センニンソウ カシワクチブトゾウムシ クジャクサボテン メダカ シュンラン ボンネットバス アロニア モミジバフウ 石膏人形 アオオビハエトリ カギバアオシャク クサキリ 台湾の蝶 あまがえる 水彩画 多肉植物 ヤゴ 冬芽 ヒシバッタ キクザキイチゲ キタテハ ペンギン クロトガリキジラミ ノアザミ タチヒダゴケ コオイムシ ボッチ セッコウ スズメ タンポポ 黒いアマガエル ホオズキ アキカラマツ クスノキ リュウキュウアサギマダラ マムシグサ プラナリア 雲南百薬 デュランタ アナカリスの花 アメリカピンクノメイガ タイワンタケクマバチ アピオス カワカゲロウ のと里山海道 ジョウビタキ 水滴 玉ネギ カニノツメ 椎の実 オオバジャノヒゲ ウスグモスズ 大雪 コナラシギゾウムシ オレクギエダシャク キジバト オオアトボシアオゴミムシ オスグロハエトリの雌 ヘリグロテントウノミハムシ サカマキガイ キンキマメザクラ コバンソウ