モミジバフウの実(続々編) イイギリの小苗

イイギリ

イイギリの苗。
名札を信じれば、タネを播いたということ?
正月飾りに頂いた"赤い実の房"から 種子を取り出して植えたもので、
赤い房をイイギリと思って付けた名札なので、名前に不安が残る幼苗です。

(2020.1.15 追記)↓
イイギリ発芽

お友達から 当サイトの過去記事に蒔いた記録があるよ と、指摘を受けました(^^)
過去に種を巻いて、こんなに沢山発芽していました。



ーーーーモミジバフウの実 その中は? 続々編ーーーー 
モミジバフウの実の中

翼果やツブツブが収まっていた空洞にあった、4本の棒の正体。
実際は平たい筋肉風 (^^) でした。
棘の内部、縁取るように付いていた部分でした。

モミジバフウの実1

棘は向い合せでくっついていた(青い矢印部分)ものが 乾燥して離れるようです。
その過程で閉じていた部分がファスナーを開けるように裂けていったと思われます。
(白いV字の部分)

人体解剖の 声帯の様な形が判るかと思います。
棘一個の内側に2本あるので 棘2本で4本ある部分が 空洞内4本の棒状のもの(実は平たいもの)の正体でした。

モミジバフウの実2
白矢印部分は もともとくっついていたのでしょう。
種子を空中に撒く前に 乾燥でトゲと一緒に裂けるようです。

あ〜 ややこしい組織構造です。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

良くできていますね~。
こんど実を見られたらよく考えながら見てみたいです(^^)
やはり自然の作るものは面白いですね。
イイギリでOmagaeruさんのブログ内検索をさせていただきましたが
イイギリを確かに蒔かれていて、たくさん発芽していましたね(^^)!
私も過去記事は記憶にないものが多いです(^^)

ぎょ (@@;)

かぜくささん こんばんは
過去記事、検索してくださったんですね。自分がしなければならない確認作業を
お客様にさせてしまって 申し訳なくも「超 はずかしい」です。(~_~;)

キャラ玉と言ってもらったところから、果実を割って見て、干からびていって、タネを蒔いて、発芽に株分けの予告まで出ていました。^^;
果実を割って60個弱の種子まで数えていました。
今更ながら 曖昧な記憶で怠惰な思考回路だという事がバレちゃいました。
キャラ玉=イイギリの実 で良ければ、鉢にある数本の棒きれは イイギリなんですね。
それにしてもわずか数本しか無いというのは あまりに多くて、間引いて捨てちゃったのかも〜
発芽率が良いという記憶だけは 合っていたかも (^^)?
ご指摘くださって 感謝します🎵 ありがとう。
あたらしい記事
直近のコメント
miniアルバム
カテゴリ
リンク
おまがえる の庭で(月別保存)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ(ブログ内検索)
記事検索タグ

アオスジアゲハ スズメノヤリ アゲハ アクリル画  コメツブツメクサ コノテガシワの受粉滴 ツノマタタケ アクリル ヤガタアリグモ ハルニレ ヒヨドリ リョウメンシダ 垂蛹 帯糸 蝉蛻至楽 貝殻 ヒメマツバボタン ハネナガイナゴ 帶蛹 コナラ センニンソウ カシワクチブトゾウムシ クジャクサボテン メダカ シュンラン ボンネットバス アロニア モミジバフウ 石膏人形 アオオビハエトリ カギバアオシャク クサキリ 台湾の蝶 あまがえる 水彩画 多肉植物 ヤゴ 冬芽 ヒシバッタ キクザキイチゲ キタテハ ペンギン クロトガリキジラミ ノアザミ タチヒダゴケ コオイムシ ボッチ セッコウ スズメ タンポポ 黒いアマガエル ホオズキ アキカラマツ クスノキ リュウキュウアサギマダラ マムシグサ プラナリア 雲南百薬 デュランタ アナカリスの花 アメリカピンクノメイガ タイワンタケクマバチ アピオス カワカゲロウ のと里山海道 ジョウビタキ 水滴 玉ネギ カニノツメ 椎の実 オオバジャノヒゲ ウスグモスズ 大雪 コナラシギゾウムシ オレクギエダシャク キジバト オオアトボシアオゴミムシ オスグロハエトリの雌 ヘリグロテントウノミハムシ サカマキガイ キンキマメザクラ コバンソウ