夏の空 アゲハ幼虫と空蝉

夏の空 夏の雲

夏の空 夏の雲
庭に覆いかぶさっている。

飛行機雲

飛行機雲
気温は35℃ だが 外に出ても 数分で室内に戻る。
今夜は 三日月だそうだ・・・・

アゲハ幼虫1

アゲハ幼虫が 空蝉の居る(?)葉を食べる
葉は ダイダイ。


アゲハ幼虫2

徐々に 空蝉に迫る


アゲハ幼虫3


しばらくして見たら 葉っぱの芯を残して葉先まで食べ尽くしていた。
抜け殻は 哀れ・・・落下して居た。
この幼虫はそろそろ 遁走して蛹になる予定。
関連記事

夏の花

ハイビスカス花

ハイビスカス

ハイビスカス

ハイビスカス


アルストロメリア

アルストロメリア


エゴノキ果実

エゴノキの果実


アキカラマツ*花

アキカラマツの花


アキカラマツ全体


アキカラマツ全体
倒れていた花をまっすぐに立ててみたところ。
1メートルを越える〜
関連記事

今日の庭から

ゴマダラチョウ

庭に初めての蝶
黄色いストローが印象的

ゴマダラチョウ1

ゴマダラチョウのようだ



アゲハの飛翔

アゲハは 常連さん

クマバチ

大きなクマバチは デュランタの小さな花に 頭を突っ込む。


デュランタ1

デュランタ
白いフリルのような縁取りと濃紫の対比が良い。


デュランタ

デュランタ
枝先に向かって咲いていく。


ホオズキ

ホオズキが朱色になった


メドウセージ

メドウセージ


アキギリ被害(アオドウガネ)

アキギリ葉っぱの食害
(アオドウガネ成虫)


コナラ被害(アオドウガネ)

コナラの葉の食害
写真には空蝉が写っているが 犯人ではなく ^^;
犯人は(アオドウガネ成虫)
コナラの枝を揺すると ポトリと落ちる。


クロオビハナバエ

珍しい蝿が居た
やっとクロオビハナバエ (または其の近縁らしい)と名前が分かった。



関連記事

アオドウガネ(仮) 被害

カボチャ

ご近所さんから 打木カボチャを頂いた。




アオドウガネ(柿)

アオドウガネと思われる甲虫の食害。
柿の葉っぱを食べていた。
庭木の中で実害が有ったのは プルーン(食害、樹木半分枯れ死)、モミジバフウ(枯れ死)。マテバシイ(枯れ死)
など、葉を食べられた木はコナラ、日本柿、山桜、イイギリ、イタヤカエデなどです。
とてつもない 悪食だと思う。


モミジバフウの枯れ死記事
https://ohmaga.blog.fc2.com/blog-entry-1353.html



柿の葉の表のアオドウガネ 画像は「続きを読む」以降にて・・・・
続き画像には 気分を害するかも知れない写真があります。
苦手な方は閲覧ご注意ください。

続きを読む

関連記事

今日の昆虫と トリ

オオスカシバ飛翔

庭を飛ぶスカシバのようなもの・・・・
写真を撮りたいと 網で捕まえてみた・・・・


オオスカシバ成虫

オオスカシバのようだ


オオスカシバの幼虫

数日前に山桜の葉を食べていた幼虫
オオスカシバの幼虫だと思われる・・・
人様の庭で オオスカシバはのうのうと世代を繋いでいるのかも・・・



バッタの仲間

バッタの仲間か ひょうきんな顔の子がいる。


ハムシ(仮)

真っ黒な虫が居た。
アザミに良く来る ルリクビボソハムシだろうか。
ノアザミがまだ 庭に残っている。
複眼が飛び出していて アップは怖い (@@;)



アオスジアゲハ

アオスジアゲハの幼虫
屋外だと幼虫段階で いつの間にか居なくなる。
外敵にやられるのだ。
運良く蛹に成るものも居るが 見ている卵の数に比べれば 少ないと言えそう。


カメムシ(仮)の卵

カメムシの卵だろうか〜
縁がギザギザしている。



カメムシ(仮)の卵(車)

なんと駐車している 車の側面に産み付けられていた。
とても小さくゴミのように見えた。
何気なく写真を撮って、習慣的に指で弾いて取り除いた・・・・
さて なんん虫の卵か 取って於けば羽化したかも知れない〜

後でそう思い探しに行ったが 地面を這って見たが すでに見えなかった(>_<")


スズメ

スズメ
ここのところ子雀が頻繁に餌を取りに来る。
ガラス4枚越しで撮ったので ボケてしまった。 m(_ _)m



オナガ


オナガはここのところ 庭に来る回数が減ってきた。

今日は突然団体で騒ぎまくっていたので カメラを手にしたが、人の気配ですべて
飛び去った。 電線や電柱に一旦止まって それぞれ 示し合わせた様に
少しずつ飛び去る。
いっとき 電線に止まったところ。


関連記事

今日の植物

アベマキどんぐり

鉢植えのアベマキに 4個のどんぐりが付いたが、2個がいつの間にか落下していた。
残る2個の内、一個は小さく色もわるいので 早晩落下の憂き目に遭いそう〜
唯一 健康そうなどんぐり。 (^^)


コナラどんぐり

こちらは 地植えのコナラのどんぐり。
剪定に剪定を繰り返しているのだが、成るわ成るわ。


ホオズキ

ホオズキ
ひっそりと咲いていたが、ぽ〜っと灯が入った。
鬼灯とも 書くが どんな 意味合いがあるのだろう。



ヨウシュヤマゴボウ花

ヨウシュヤマゴボウの花はどこから 果実と化すのか分からない。


ヨウシュヤマゴボウ果実

果実。
果軸 果柄 萼片などが 強烈なピンク色から 紫色になる。




ヒメヒオウギスイセン

ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙)


一銭陶貨とヒメヒオウギスイセン

寫眞はヒメヒオウギスイセンの球根と一銭陶貨。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
雑記・・・・
ヒメヒオウギスイセンの寫眞をアップしたら、一読者から「かつて子供の頃、この花を”五銭玉”と
言った」とお便りが有りました。なぜかと推測をすり合わせたところ、球根が五銭硬貨に似ていたのではと
言うことになり 五銭硬貨を検索したら、色々の大きさや合金のものがあり、それらの大きさが
似ていたのかなということに落ち着きました。
明治20年〜30年代頃の硬貨には 真ん中に菊の御紋が刻されているものがあり、球根がソレに似ていなくもない。
ま、そんなところから 五銭玉と言ったのかも知れないとなりました。
安直な推理で 真偽は不明。

写真は昭和二十年の一銭陶貨と球根。
五銭陶貨はわずかに大きく、より 球根に近かったかもと思われる。
市中に出ること無く 試作品として作られた 陶貨だが Ya***オークションなどで その陶貨が
山のように出品されているのは 何故か不思議。
筆者が一銭陶貨を持っているのも不思議。
雑記 終わり・・・・
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


参考 明治25〜30年頃の五銭貨デザイン
五銭貨


関連記事
プロフィール
小さな庭で写真を撮って楽しんでいます

Omagaeru

Author:Omagaeru

あたらしい記事
直近のコメント
miniアルバム
カテゴリ
リンク
おまがえる の庭で(月別保存)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ(ブログ内検索)
記事検索タグ

アオスジアゲハ スズメノヤリ アクリル画  コノテガシワの受粉滴 コメツブツメクサ ツノマタタケ ヤガタアリグモ アクリル ハルニレ ヒヨドリ アゲハ ハネナガイナゴ 帶蛹 蝉蛻至楽 コオイムシ 帯糸 センニンソウ ヒメマツバボタン アロニア キタテハ シュンラン ボンネットバス モミジバフウ リョウメンシダ 貝殻 垂蛹 ノアザミ アオオビハエトリ カギバアオシャク 台湾の蝶 あまがえる 水彩画 多肉植物 クサキリ ヤゴ ペンギン ヒシバッタ 石膏人形 タチヒダゴケ 冬芽 メダカ キクザキイチゲ ウスグモスズ のと里山海道 カワカゲロウ オオアトボシアオゴミムシ キジバト オスグロハエトリの雌 オレクギエダシャク アキカラマツ クスノキ タンポポ リュウキュウアサギマダラ スズメ セッコウ ホオズキ 黒いアマガエル ヘリグロテントウノミハムシ キンキマメザクラ オオバジャノヒゲ 椎の実 コバンソウ クロトガリキジラミ カシワクチブトゾウムシ クジャクサボテン カニノツメ ジョウビタキ コナラシギゾウムシ サカマキガイ 大雪 玉ネギ ボッチ 水滴 コナラ